案内

健康寿命を伸ばす為に~骨粗鬆症の予防やその他の病気の治療を~

難聴が起こる病気とは

医者

病気の注意点とは

以前より耳が聞こえにくくなった、めまいやふらつきが起こるようになったなどの場合、聴神経腫瘍の可能性があります。このような症状が長く続いている場合には疲れているだけなどと考えず病院で一度検査してもらう必要があります。大きな症状が出ないうちは病院へはなかなか行かない人も多いですが、突然顔面神経麻痺などが起こってしまう恐れもあるため注意が必要です。聴神経腫瘍は比較的多い脳腫瘍ですが、良性のため必要以上に不安になることはないのです。病院で検査を行い症状によって治療方法が提案されるので、良性といっても放置せず病院に行く必要があります。可能性が低いといっても急に顔面が麻痺してしまってはパニックなることもあるからです。

知っておきたい情報とは

難聴やめまいから聴神経腫瘍と診断された場合、知っておきたい情報が聴神経腫瘍は良性の腫瘍だと言うことです。とても多い病気であり多くの人が経験している病気なのです。治療方法はいくつかあり外科的手術により取り除く方法、放射線治療、そしてそのまま様子を見る方法もあります。腫瘍と聞くと焦ってしまいすぐに手術をしなければいけないと思いがちですが、聴神経腫瘍と診断された人の多くが経過を見守っているのです。もちろん症状や腫瘍の大きさによっては脳にダメージを与えてしまうこともあるため、早めの治療が必要となる場合もあります。まずは病院で検査を受け、その結果から医師としっかりと相談をして治療方針を決める必要があります。